土地探しからの注文住宅。失敗の少ない最適な流れとは?

『土地探し』と『ハウスメーカー、工務店選び』どっちを先にすればいいか。
土地を購入してから注文住宅を建てる方にとっては疑問のひとつですよね?

この疑問に対する答えは『ハウスメーカー、工務店選びを先に行う』が正解です。
しっかり勉強されている方には常識かもしれませんね。

でもこれはスタート時点での話。

この記事ではもう少しステップアップして、よりリスクを少なく効率的に家づくり進める方法を紹介していきます。

ちなみに私は不動産営業も住宅営業も経験しているので、より中立的な立場からの意見ですよ!

そもそもなぜハウスメーカーや工務店を先に探すべきなのか

『ハウスメーカー、工務店選び』を先に行うべき理由は、シンプルに『土地探し』だけを先に行うとリスクが高いからです。

建物の場合は、契約後に建築がはじまる(=商品を作る)ので売り切れる心配もなく焦って決めるメリットはありません。

※様々な期間限定キャンペーンや値引きで契約を焦らせる住宅会社には要注意!

でも土地の場合は一度チャンスを逃せば二度と手に入らないので、要望に近い物件がでてくれば急な判断を迫られます。

急いで決めなければいけないときほど判断力が鈍るのは誰もが経験ありますよね?

それがセールの洋服であれば笑い話で済みますが、土地の場合は『希望通りの家が建てられない』という後悔するだけは済まない事態に直面します。

だから『土地探し』のみを先に進めるのは危険なのです。

その点、『ハウスメーカー、工務店選び』を先に進めておけば、いい土地が見つかった時に『その土地でどんな建物が総額いくらで建てられるか』を担当者に相談することができるのでリスクは最小限で済みます。

土地のことを住宅営業に相談する理由

土地を購入する前に住宅営業に相談したほうが良い理由をもう少し詳しく説明していきます。

土地を先に購入するリスク

まず『土地探し』のみを先に進める場合のリスクを簡単にまとめると

  • その土地に希望の建物が建てられない。
  • その土地に希望の建物を建てると予算が合わない。

 

という問題が起きる可能性があることです。

逆に言えば必要なのは・・・

  • その土地に希望の建物が建てられるか。
  • その土地で希望の建物を建てると総額いくらになるか。

という2点を事前に確認すればリスクを減らせます。

どちらもある程度建物が決まっていないと判断できない内容です。

もちろんこれらは不動産の知識や住宅の相場を知っていればある程度予測することはできます。

しかし、土地には様々な制限があり、住宅会社や工法によって建築地の制限が生まれる場合もあります。

また土地によって建物の工事費が大きく変わることもあります。

「この大きさの土地なら希望の建物が入るだろう」、「建物の坪単価から考えて予算に合うはずだ」と考えて購入するとリスクが高いのです。

そしてなにより、何千万円もする土地購入を決断するのに、不確定な予測を根拠にするのはリスクがありますよね?

土地購入前に住宅営業に相談するメリット

事前に住宅会社選びと要望の打ち合わせをある程度進めておけば、

  • その土地に建てられる建物の仕様と間取り図
  • 土地費用+建物費用+諸費用を計算した正確性の高い見積書

を土地購入前に確認して検討することができるのです。

土地選び失敗のリスクが大幅に減る気がしませんか?

結局は同時進行になる

勘の良い方はお気づきかもしれませんが、『土地探し』も『ハウスメーカー、工務店選び』も途中からは同時進行で進めていくことが一番効率がいいです。

「土地がないからまずは土地探しから」と考えて勢いで土地を契約してしまうのが一番危険ですが、『ハウスメーカー、工務店選び』ばかりしていても家づくりは進んでいきません。

家づくりに使える予算は基本的に上限があるはずです。

そして多くの場合、『100%満足の土地』と『100%満足の建物』を合わせたら予算オーバーになってしまいます。

予算の範囲内で理想を一つでも多く叶えるには、土地と建物の予算バランスをどれくらいにすればいいか。

どちらも同時進行で考えていく必要があるのです。

つまり、一番最初に決めるべきは総予算と返済計画

土地と建物の予算バランスを考えるということは、そもそも一番初めに予算が決まっていないといけませんよね。

苦労の末、理想の土地を見つけて建物のプランも決まったのに、予算オーバーだった・・・なんて進め方は時間の無駄でしかありません。

始めはよく言われる『年収の何倍』とか『現在の家賃を参考にした返済可能額』などから予算を決めても大丈夫ですが、なるべく早い段階で「これなら絶対に返済していける!」という予算を決めておくことがおすすめです。

何千万という買い物をするのに、支払できるか不安があるままでは決断力が鈍ります。

いつまでたっても家づくりが進まないお客様の多くは、予算(=返済計画)に自信がないから決断のできない方です。

まとめ

リスクを最小限に、効率よく家づくりを進めていくためには、

  1. 自信をもって進められる返済計画を決める。
  2. 信頼のできる住宅会社(営業担当)を見つける。

という2点を優先して行い。

それをもとに理想の建物のプランと建築費用を出し、土地探しを進めて行きます。

そして良い土地に巡り合えたタイミングで、信頼のおける住宅会社にプラン作成と見積もりを依頼し、満足のいくプランと見積書を提出されたときが契約のタイミングです。

大きな買い物なので焦って判断力の鈍っている状態で契約するのは危険です。

どんなに良い土地や、どんなに魅力的な建物のキャンペーンや値引きがあっても、『予算と土地と建物』すべてに納得がいくまで、じっくり検討してくださいね。

スポンサードリンク