注文住宅の予算は決めていますか?資金計画を最初にすべき3つの理由

建物のプランを考えたり、条件の良い土地を探したり、家づくりって楽しいことが多いです。

でも予算や住宅ローンという話になると小難しくて、ついつい後回しにしてしまいますよね?

「どれくらいお金がかかるかわからないし、ある程度どこの会社で建てるか決めてから考えればいいや」と。

でも注文住宅の場合は、予算から決めないと上手く行きません。

最初に少しだけ住宅会社や不動産屋をまわって相場感をつかんだら、まずは予算を決めるところから始めましょう。

営業担当者に丸投げしてはいけません。

営業担当者がわかるのは、あなたが「いくらまで住宅ローンを組めるか」だけです。

その住宅ローンを何十年間も払っていけるかまでは見てくれません。

この記事では予算を初めに決めておく重要性について説明します。

不確定な予算で計画を進めている方がいたら要チェックです!

予算の決め方がわからない方は以下の記事も参考にしてみてください。

予算オーバーする可能性が高い

予算をはじめに決めておかないことの最大のデメリットは、予算オーバーしやすいことです。

というかほぼ確実に思ってたよりも高い金額の見積もりを貰うことになります。

特に土地購入から家づくりを行う方は注意が必要。

注文住宅では土地がない場合、土地は不動産屋、建物は住宅会社と別々に探すことになります。

そうすると不動産屋からは「住宅の費用を抑えて良い土地を買いましょう。資産になりますよ。」と言われ、

住宅会社からは「土地を少し我慢すれば、こんなにも豊な生活ができますよ。もっと大きな家にしましょう。」と言われるので、

予算はどんどん膨らんでいきます。(あくまでも極端なイメージですが)

「ちょっとでも良い土地」、「ちょっとでも良い建物」が欲しくなり、なんとなくで予算を上げてしまうわけです。

そもそも多くの方が一括ではなくローンで家を買うので、数百万円単位の金額もなんとなく軽く考えてしまう傾向にあります。

でも月々にすると数千~数万とはいえ、家計にとっては大きな問題ですよね?

それでも家づくりをすると、「一生に一度の買い物だから」とついつい予算を上げていってしまうのです。

本当に気を付けてください。

どちらが楽しいかと言われれば、予算を臨機応変に変えて夢を見て打ち合わせをしたほうが楽しいです。

でも最終的にローンが通らなかったり、最悪の場合支払ができないなんてことになったら意味がありませんよ。

打ち合わせの時間を無駄にしない

少し内容が被りますが、予算があいまいだと効率的に住宅会社選びや土地探しができません。

例えば不動産会社にいるとこんなお客様を見かけます。

何度も住宅展示場をまわり、いくつもの会社と打ち合わせを重ねてきたAさん。

でも住宅にかかる予算が高すぎて、希望エリアに買える土地がありません。

こうなったらもう一回住宅会社探しからやり直しです。

予算を決めた上でそれに合う価格帯の会社を探さないと意味がありません。

それまでの毎週のように休みを犠牲にした時間が無駄になってしまいます。(勉強になることはたくさんあるとは思いますが)

土地探しはスピード勝負、予算を決めている人が勝つ

土地は生産できるものではないので1点物です。

良い物件はスピード勝負。

人気エリアだと朝出した物件が夕方には決まるなんてこともあるほどです。

そんな短い時間で高額な買い物の決断ができるのは、事前準備をしているから。

決断力とか経験とかは全然関係ないです。

必要な準備は以下の通り。

  1. 全体の予算を計画しておく(確実に支払ができると自信がもてるくらいの)
  2. 希望する住宅にいくらかかるか、どれくらいの大きさの土地がいるか打ち合わせしておく
  3. 全体の予算から建物の予算を引いて、土地につかえる予算を出しておく

ここまでやっておけば、

  1. 土地情報が出た瞬間に現地を見に行く
  2. 住宅担当者と希望の建物がその土地で建てられるか相談する
  3. 不動産担当者と住宅担当者に見積もりを貰う
  4. 事前に決めた予算と比較して収まれば決断する

という流れでスムーズに決めることができます。

もちろん実際にはお金や建物のことだけではなく、その土地に関する様々な検討する必要があります。

土地の調査の仕方についてはこの記事をご覧ください。

まとめ

家づくりで一番大切なのは予算です。

まずは資金計画から行いましょう。

契約直前に予算オーバーに気づいたり、土地が見つかってから予算を決めてたら遅いです。

また資金計画があいまいなまま契約して、将来の生活が苦しくなったり支払ができなくなったりしたら最悪です。

でも実際にそういう方っています。

不動産会社にいるとそういう方が泣く泣く自宅を売却しにくることもあります。

そうならないためにも最初に予算をしっかり決めてください。

そして一度決めたら基本的にはその予算を変えないでください。

もしどうしても予算に収まらなくて予算を上げる必要がある場合は、その場の勢いではなく支払計画を最初からやり直しましょう。

少し時間はかかるかもしれませんが、その方が絶対に後悔しません。

最初に難しいお金の問題を片づけて、その予算だけ守ればあとは自由。

一生に一度の家づくりを存分に楽しみましょう!

スポンサードリンク